ソーシャルメディア

June 5, 2017

関東のお客様よりご用命頂いたロティフォームTMBが仕上がりました。

お電話でお問い合わせ頂き、当方の出張採寸サービスをご利用になられたお客様です。

コンフィグは自然なラウンド形状のクラシックプロファイルDsik、フロントマウント&ヒドゥンハードウェア(ピアスボルト)の3ピース。

フィニッシュはブラッシュドの上から表面保護のために塗装する通常のクリアコートと"DDT"(ダブルダークティント)と呼ばれるスモークがかったフィニッシュの丁度中間にあたる「SDT=シングルダークティント」を指定いたしました。

ちなみにデフォルトでそんなのは設定はありま...

June 4, 2017

いつも小粋なアイテムを購入頂いている関東のお客様からこれ以上ないというタイミングでホイール新調のお話しを頂いたのは今年の春先でした。

乗られている愛車はもうすぐ新車購入から30年に迫るという個体でありながら超ミントコンディション。外観はOEスタイル+シャコタンというシンプルなスタイルを貫きながらも、モーテック制御のフルチューン仕様のエンジンをフードの中に潜ませているという個体。

そのあたりをしっかりと尊重した逸品をリコメンドさせていただいたのが、このrotiformからローンチされたばかりの新作モデル"GTB"です。旧車好きな方ならば思...

May 28, 2017

日本じゃどうも人気の無いrotiformのキャストRSE。

一世を風靡したオーソドックスな1ピースメッシュデザインにHEXキャップ仕様という「スタンダードすぎる」デザインが、前衛的なデザインが当たり前のように流布している昨今では、いまいちハートに刺さらないのかもしれないのですが、現物を見るとなかなか侮れないヤツです。写真は先週ご用命頂いた17インチ9JのRSEシルバーなんですが、

実は結構なコンケーブフェイス。「古臭いデザイン」で片づけてしまうのは勿体ないポテンシャルです。そもそもこの手のデザインが流行していた時と比べるとタイヤサイズも...

April 30, 2017

ショップ様よりオーダー頂いたrotiformのご紹介です。
モデルはクラシックメルセデス通ならニヤリとしてしまう太めの5本スポーク”PNT”で、間違いなくカッコいいと確信していたWelded 2pcのコンフィグ。

サイズは17インチで装着車両もクラシックメルセデス。 

間違いなく”間違いない”履きこなしが期待出来そうです。

この度は誠にありがとうございました。

April 2, 2017

ハイラインから同色のGTIに乗り換えられたお客様のゴルフ7に、rotiform forged NUEもお引越しいたしました。年間数万キロをお仕事で乗られるためロワードは控え目に、アイバッハのスプリングで1インチほどに留めました。いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。 

Wheel:rotiform forged 3pc NUE

Finish:Brushed DDT Disk/Brushed Matte Clear Outer/Satin Black Inner

Size:19×8.5J front & rear

Config: Fl...

February 9, 2017

ユーロモーティブマガジン「eS4」の最新号No.67が本日発売されました。誌面には徳島の株式会社アビスオートブティックが手掛けられたポルシェ・マカンが掲載されています。

 主要なモディファイはBCレーシングのコイルオーバーに、今話題沸騰中のオランダの老舗ルーフボックスブランド「HAPRO ハプロ」、そして足元を飾るのはオザワが仕立てましたrotiform SNA-Tです。

 元々rotiformに設定されていたSNAをベースに、スポークの立ち上がりが非常にダイナミックなディレクションデザインにアレンジしてもらいオーダー。"トルネード"の...

February 4, 2017

少し前になりますが、カスタムカーマガジン2月号のカバーカーの足元をお手伝いさせて頂きました。

このぶっ飛んだ車両を手がけたのは地元のビルダーAnastasi”の坂本氏。

(詳しい内容は是非とも紙面をお読みくださいませ)

「この車両に負けないホイールを」という依頼を受けまして、ご提案させてもらったのがこのrotiform HUR x 特注ビードロックver というわけです。

いわゆるクロカン系ホイールに装着されるビードロックをパッセンジャーカー用のホイールに落とし込み、さらにはセンターやリムから全てハイポリッシュフィニッシュにすることによっ...

February 2, 2017

先日納品させて頂いたrotiform YVRの装着写真をオーナー様が送ってくださいました

ハチロク/BRZベースのスタンス系メイクと聞けばロケットバニーを筆頭としたオーバーフェンダー装着車を連想いたしますが、実車は純正フェンダー仕様に9.5J/10.5Jのマイナスサイズを収めたキャンバー仕様。制作ショップの埼玉「PAINT GARAGE 匠工房」様の手腕によって フロントバナーの名に恥じない豪快なフィットメントに仕上げられています。

巷でジワジワとキている(?!)フラットリップ仕様なのもポイントです。

この度は誠にありがとうございました。

January 19, 2017